人気ブログランキング | 話題のタグを見る

重要文化財10棟、加賀百万石の名刹「妙成寺」(羽咋市)

北陸の地に、重用文化財を十棟も要する古刹をご存知ですか?

内山邸から1時間余りでとうちゃこ。羽咋市能登半島西海岸から1㎞ほど東、のどかな森の中に、加賀前田家初代から五代に亘って造営された
日蓮宗総本山「妙成寺」です。

二王門(1625年建立・国指定重要文化財)
重要文化財10棟、加賀百万石の名刹「妙成寺」(羽咋市)_b0173867_22364863.jpg





二王門のすぐ北には、鐘楼(1625年重文)
重要文化財10棟、加賀百万石の名刹「妙成寺」(羽咋市)_b0173867_22365946.jpg





そして、妙成寺のシンボル「五重塔」(1618年重文)
重要文化財10棟、加賀百万石の名刹「妙成寺」(羽咋市)_b0173867_22371128.jpg





総高34.18m、北陸唯一の五重塔です。現在、五重塔は国宝11棟、重用文化財14棟。
重要文化財10棟、加賀百万石の名刹「妙成寺」(羽咋市)_b0173867_22372345.jpg





栩葺(とちぶき)の屋根は五重塔としては全国唯一。
重要文化財10棟、加賀百万石の名刹「妙成寺」(羽咋市)_b0173867_22374325.jpg





三十番神堂(1614年重文)、日本の国神三十体を祭祀。
重要文化財10棟、加賀百万石の名刹「妙成寺」(羽咋市)_b0173867_22375993.jpg





手前から三光堂(1623年重文)、本堂(1614年重文)。
重要文化財10棟、加賀百万石の名刹「妙成寺」(羽咋市)_b0173867_22383979.jpg





手前の本堂の東に建つ祖師堂(1624年重文)、このような三堂横並びの建立当時の姿は妙成寺だけと言うことです。
重要文化財10棟、加賀百万石の名刹「妙成寺」(羽咋市)_b0173867_22382340.jpg





祖師堂と鐘楼を結ぶ回廊。
重要文化財10棟、加賀百万石の名刹「妙成寺」(羽咋市)_b0173867_22385562.jpg





蓬莱式池泉鑑賞庭園から望む左「五重塔」と右「祖師堂」。
重要文化財10棟、加賀百万石の名刹「妙成寺」(羽咋市)_b0173867_22391854.jpg
たっぷり古刹の空気を満喫した僕らは、調子に乗って「千里浜なぎさドライブウェイ」へ。
そうはうまくいきまへん。現在走行禁止でした。

by 6737point | 2021-06-10 22:03 | 風景(関東・中部) | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 三河の國はアジサイ処、あじさい... 映画「散り椿」ロケ地、豪農の館... >>