GⅠ馬が5頭出走のスーパーGⅡ、金鯱賞

今年の金鯱賞はGⅠ馬が5頭出走という豪華メンバーです。中山記念同様GⅠレベル古馬の始動レースとして定着してきました。
(以前は、日経新春杯やAJCC)

しかしです、朝からしとしと雨が降り、メインレースだけに絞って出陣。(この日は新馬戦もなく、藤田騎手もいない。)

完全防雨装備で返し馬を狙います。
タニノフランケル8番人気、吉田隼人騎手。稍重、先行脚質、強い4歳馬は僕の軸馬です。
b0173867_16103692.jpg





ペルシアンナイト4番人気、M.デムーロ騎手。
b0173867_16111348.jpg





ダノンプレミアム2番人気、川田騎手。
b0173867_16120055.jpg





エアウィンザー1番人気、武騎手。
b0173867_16113241.jpg





アルアイン3番人気、柴山騎手。
b0173867_16121253.jpg





リスグラシュー5番人気、シュタルケ騎手。
b0173867_16122124.jpg





雨に煙る中京競馬場、スタートです。
b0173867_16125398.jpg





予想通りタニノフランケルがハナに立ち、抜群のスタートを決めたダノンは内で先行、好位につけます。
b0173867_16130267.jpg





ペルシャンナイトのデムーロ騎手、ダノンをマークか。
b0173867_16131542.jpg





ほとんど隊列変わらず、4コーナー過ぎ、先行のタニノ、ギベオンをダノンプラチナムが楽に交わす。
b0173867_16132835.jpg





リスグラシューが中断から激しく追い込んできます。
b0173867_16134482.jpg





しかし、ダノンプレミアムはリスグラシューと同じ34秒1の脚、川田騎手余裕のチラ見です。3着にはエアウィンザー。
b0173867_16135494.jpg





9か月半振りの出走、このメンバーにこの強い勝ち方、全く今回は無視していた自分に恥じるばかりです。
b0173867_16140379.jpg





青鹿毛に流星、一流馬に多い見栄えでしょうか。
b0173867_16141875.jpg





検量室前、リスグラシュー騎乗のシュタルケ騎手、強さは見せましたが、悔しい2着。これで2着が8回(GⅠ5回、GⅡ2回)。
b0173867_16142630.jpg





雨中にも拘わらず、多くの観衆が強い世代の最強馬復活に大声援。
b0173867_16144308.jpg



川田騎手、今年は早くも重賞4勝目、ダノンプレミアムとのコンビは今年一番の注目となるのか。
b0173867_16145840.jpg



関係者の皆様、おめでとうございます。
b0173867_16150763.jpg





ゲストプレゼンターは元中日ドラゴンズ監督の落合博満氏です。第2のDAIMAJINを目指すのかな。
b0173867_16151927.jpg
これから国内、海外ではGⅠレースが目白押し。予想はさておき、レースを観戦できる喜びはこの上ない。
いつもの反省会、最近の傾向は予想よりも余生に終始。

# by 6737point | 2019-03-11 16:16 | 競馬 | Comments(0)

フェブラリーステークス、TAKE MAGIC炸裂、インティ逃げ切り。

スタート後、インティがすんなりハナへ、絶妙なペースで逃げそのまま4コーナーから直線へ。

ダートコースはゴールから1コーナーのカーブが近く、できるだけ正面から撮れる位置に移動し、いつもと違ったアングルを狙ってみました。
坂を駆け上がってくる馬群、最後方から大外を回って藤田騎手、追い込み態勢です。
b0173867_17553988.jpg





武騎手(青)、インティに一発鞭を入れ、セーフティリードでゴールを目指します。
b0173867_17554879.jpg





50m過ぎ、外から赤い帽子のゴールドドリームがインティに迫る。
b0173867_17555499.jpg





首差しのいだところがゴール。右には更に4馬身差で3着のユラノト(黒)。
b0173867_17561545.jpg





武騎手がチラッとルメール騎手を見やりました。勝ちタイム1分35秒6、絶妙な逃げ切り劇。
コパノキッキングは2番目に速い、35秒2の脚で追い込んできましたが、残念ながら5着でした。
b0173867_17562209.jpg





今度はルメール騎手が武騎手を見やりました。
b0173867_17562994.jpg





二人の会話やいかに。
b0173867_17563738.jpg




レースが終わり並んで地下馬道に向かう2,3着馬。
b0173867_17564842.jpg





藤田騎手、GⅠレースの景色はどのように見えましたか? 
b0173867_17565995.jpg





愛馬に労をねぎらう藤田騎手。ゴーグルの奥にはおそらく光るものが・・・・・、レンズを通してそう感じました。
b0173867_17570644.jpg





スタンドに向かって、ウィニングランをする時はいつだろうか。
b0173867_17571315.jpg





これでフェブラリーS(GⅠ)は、5度目のウィニングランになる武騎手。
b0173867_17572106.jpg





ごくごく普通にスタンド前をウィニングラン。
b0173867_17572976.jpg





スタンドに向かって手を振ります。まさに千両役者。
b0173867_17573740.jpg





関係者の皆様、おめでとうございます。
b0173867_17575684.jpg




これでインティは5歳にして、まだ8戦(7勝)。今後のダート界を席巻してしまうのか。
b0173867_17580533.jpg





インティも海外での出走の可能性もありそうです。
b0173867_17581912.jpg






b0173867_17582648.jpg





栗毛が夕陽に映えます。
b0173867_17583394.jpg




GⅠレースでもゲストプレゼンターはなく、JRA理事長からの授与です。
b0173867_17585568.jpg
馬券はだめでも、どこか爽やかな気分になれたのは、藤田騎手のひたむきさに魅かれたからだろうか。
反省会では、気分良くなり、年甲斐もなく中生を8杯も飲んでしまった。

# by 6737point | 2019-02-20 15:54 | 競馬 | Comments(0)

半端ない”菜七子フィーバー” フェブラリーステークス

とても爽やかな日、何かと話題満載のフェブラリーS、小学生が遠足に行くような、ワクワク、うきうきで出陣です。
菜七ちゃん人気で、入場者数も馬券売り上げも大幅アップ、フェブラリーSだけで25億円を上回る売り上げ増。これで藤田騎手が勝ったらどうなっちゃうんだろう。

ダートGⅠレースの場合、パドック撮影の時間がないので、パドックでの藤田騎手の撮影は事前のレースで代用(あまり意味はないですが)。
カメラマンの数も半端ないです。

5頭の誘導馬に導かれ、出走馬が2コーナーのスタート地点に向かって返し馬に入ります。
b0173867_22052008.jpg





クインズサターン10番人気と四位騎手
b0173867_22182315.jpg




サンライズソア5番人気と田辺騎手
b0173867_22165195.jpg





ユラノト8番人気と福永騎手
b0173867_22170206.jpg





インティ1番人気と武騎手
b0173867_22171229.jpg





モーニン9番人気と和田騎手
b0173867_22172479.jpg





コパノキッキング4番人気と藤田騎手
b0173867_22173390.jpg





もう1枚。GⅠ初騎乗の女性騎手などという枕詞などもう似合わない風格です。
b0173867_22174215.jpg





ゴールドドリーム2番人気とルメール騎手
b0173867_22175557.jpg





サンライズノヴァ6番人気と戸崎騎手
b0173867_22180553.jpg





サクセスエナジー11番人気と松山騎手
b0173867_22184420.jpg





ワンダーリーデル14番人気と柴田騎手
b0173867_22185880.jpg





ノボバカラ12番人気とミナリク騎手
b0173867_22191171.jpg





ノンコノユメ7番人気と内田騎手
b0173867_22191976.jpg





オメガパフューム3番人気とデムーロ騎手
b0173867_22192793.jpg
メイショウウタゲを撮り損ねました。



ゲート前でスタートを待つ出走馬、右に藤田騎手と武騎手が並んでいます。
b0173867_22393176.jpg




レースで最も緊張する瞬間、藤田騎手好スタートです。
b0173867_22394140.jpg


# by 6737point | 2019-02-19 00:09 | 競馬 | Comments(0)