日間賀島と花ひろば

涼を求めて近場は三河湾の日間賀島へ。海で泳ぐのは昨年のパラオ以来かな。
夕方、島内唯一の海水浴場「サンライズビーチ」、泳ぐのは ああ我一人 ひとりかな。

監視台とヤシの木の影が絵になりそうで、撮ってみました。
b0173867_14561153.jpg

自撮りのサマーガールで、さらに絵になりました。

b0173867_14562745.jpg


b0173867_14563973.jpg
心地よい風が島を通り抜けていきます。でもやはり暑い。
魚と酒の旨さはさすが「多幸(たこ)の島 福(ふぐ)の島 日間賀島」です。


翌日帰りがけに南知多の美瑛「花ひろば」に向日葵を見に行きました。
通り雨で、湿度が半端なく高くなりました。満開には少し早いようですね。
b0173867_14565866.jpg




一人5本までその場で切って、お持ち帰り可です。
b0173867_14571225.jpg





b0173867_14572225.jpg


# by 6737point | 2017-07-22 15:06 | 風景 | Comments(0)

再び「泣き獅子」を撮る

2013年7月にもブログにアップしたのですが、久しぶりに西尾市天王町の会長から「泣き獅子の写真を撮れ」との
指示を受け、くそ暑い中行ってきました。

250余年の歴史を誇る西尾市祇園祭の初日、一日だけ天王町の獅子舞が市街を練り歩き、夜も押し詰まった頃、
町内の一角に獅子とお囃子が帰って来ました。
b0173867_16462195.jpg



一日だけ舞って舞って舞いまくり、獅子は1年寝に入るのですがその前の最後の舞です。
町内でも屈指の舞手が前後を演じます。
b0173867_16282939.jpg




寝に入るのをイヤイヤしているようにも見えます。しかし、舞は獅子舞が始まって以来1種類しかないそうです。
ず~と同じだそうです。
b0173867_16270209.jpg




茣蓙が引かれ、若い衆に導かれ伏せています。と同時に大勢の老若男女の町衆が見守るために前後左右にどっと寄ってきます。
b0173867_16271741.jpg




頭を左右に振り、泣いているような見事なしぐさ、ベテランの舞手だけがなせる伎です。
b0173867_16281618.jpg




町衆に見守られながら、やがて眠りに入ろうとしています。
b0173867_16272752.jpg



すると獅子の御前に居並ぶ町内の長老の、獅子の安らかな眠りを祈願するのか、1年の世の安寧を祈るのか、
町内の家内安全を祈願するのか、祝詞とも詠いともとれる声が聞こえてきました。
b0173867_16275132.jpg



これで完全に眠りに入りました。
b0173867_16273934.jpg




町衆も舞手、囃子手の若衆も詠いの長老も充実感、幸福感に満ちて三々五々帰路につきます。
(実はこの後この場で大宴会がすぐ始まりました。)
b0173867_16470724.jpg


居合わせた見物人を胴上げする若い衆、さっぱり理由がわかりません。
この暑い中での獅子舞が無事終わったことへの嬉しさかな。
b0173867_16280345.jpg
いつも思うことですが、獅子舞が続けられる限りは、西尾市は穏やかな日々が続くことでしょう。

# by 6737point | 2017-07-16 17:45 | イベント | Comments(0)

中京ダートGⅢ プロキオンステークス

JRA10場で、GⅠ・GⅡ・GⅢのグレードレースがすべて行われる競馬場は中京だけ、GⅢのプロキオンSが行われました。
(プロキオンは冬の星座「こいぬ座」の1等星で、なぜ夏なのにこの名前か?開設当初は4月開催だったからでしょうか。)

雲は厚いが、雨はなさそう、強烈な蒸し暑さは我慢しよう。

10レースの勝ち馬表彰後、ダートコースのラチ沿いへカメラマンの集団移動、返し馬から撮ります。
誘導馬2頭、空は分厚い雲。

b0173867_10162422.jpg



キングズガード5番人気と藤岡祐騎手
b0173867_11085542.jpg




アキトクレッセント2番人気と荻野極騎手
b0173867_10134823.jpg


ブライトライン6番人気と川田騎手
b0173867_10140707.jpg



カフジテイク1番人気と福永騎手
b0173867_11121992.jpg


2コーナーからのスタート後、上位人気馬は終始後方で脚をため、4コーナーへ。
b0173867_10143403.jpg




トウケイタイガー9番人気(赤)を先頭に、レヴァンテライオン10番人気(緑)が続きます。
b0173867_10144532.jpg



残り300m、ブライトライン(外橙)が抜け出し、キングズ(内橙)は前がつかえてなかなか出れない、カフジテイク(外黄)
もやっと追い出す。

b0173867_10145806.jpg



残り100m、何とか馬群を縫ってキングズガード(橙)がブライトライン(桃)、ゴーインググレート(黒)を捉え先頭に、
カフジテイク(黄)も大外から追いこんできました。藤岡騎手はターフヴィジョンを見ています。

b0173867_10151157.jpg



上り最速35.6秒の脚です。
b0173867_10152405.jpg



2着に追い込んできたカフジテイクに2馬身差、再びターフヴィジョンを確認、余裕の勝利です。3着にはブライトライン。

b0173867_10153743.jpg



b0173867_10155448.jpg



口取り写真撮影に向かうキングズガード
b0173867_10164005.jpg





b0173867_10170213.jpg



直線不利を跳ね返しての勝利は立派です。目標は来年のフェブラリーSになるのでしょうか。

b0173867_10172709.jpg


これで1歳年下5歳のカフジテイクに3勝4敗、実績は多少劣るものの、3着以内が81%という超堅実馬。(カフジは58%)
強烈な追い込み馬2頭の対決がこれから何度見られることでしょうか。
b0173867_10174099.jpg


関係者の皆様、優勝おめでとうございます。
b0173867_10175494.jpg



満面笑みの寺島調教師と藤岡祐介騎手。
b0173867_10180752.jpg
3連複に8歳のブライトライン入れてないんです。

# by 6737point | 2017-07-11 12:42 | 競馬 | Comments(0)